プロダクト エピソード

協和メデックス株式会社 グリコヘモグロビン分析装置 A1c iGear K
第1回(全4回):【試薬・自動分析装置のノウハウを活かしたPOCT装置】HbA1cの迅速な検査は、糖尿病患者のニーズ「すぐに結果を知りたい」に応える (1/2)

A1c iGear K」は、糖尿病患者を診るクリニック、病院の診察室・外来検査・ベッドサイドなどで活用されるHbA1cの分析装置である。多くの試薬や自動分析装置を開発してきた同社が小型の検体検査装置を扱い始めた背景について、営業部営業企画グループの加藤好明氏に話を聞いた。

掲載日:2017年1月25日

[ 記事ラインナップ(毎週水曜日更新)]

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。