プロダクト エピソード

富士フイルムメディカル株式会社 デンシトメトリー分析装置 富士ドライケム IMMUNO AGシリーズ
第2回:IMMUNO AG1を活用することで、インフルエンザの院内感染の状況を的確に把握し、早期の介入につながった (1/2)

徳島県立海部病院(徳島県海部郡牟岐町)は、2015年から「富士ドライケム IMMUNO AG1」を導入している。インフルエンザの院内流行時にIMMUNO AG1を活用した事例などについて、院長の坂東弘康先生、検査技術科科長の元木一志技師、同科主任の田中佑樹技師にお話を伺った。

掲載日:2018年8月8日

[ 記事ラインナップ(毎週水曜日更新)]

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。