姿勢矯正ベルト リーボックPSSベルト IP-K2500

● 製品について

伸縮性のゴムベルトを用いて安定した姿勢や動作を生み出すために理学療法士により考案されたベルトです。上半身部分と下半身部分のベルトが身体重心点にむかって適度に長軸方向への圧縮を加えることで、骨盤の正しい前傾を生み出し、体幹は前上方向に伸びるようになります。腰背部筋や下肢の2間接筋など、グローバルマッスル主体の運動からローカルマッスル主体の運動へと変化させることができます。

● 特長

●ベルトの装着により骨盤の前方向への移動が可能となり、胸腰椎部の脊柱の伸展角度が増加します。
●ベルトの装着により十分な骨盤前傾が得られ、股関節の屈曲角度の増加と腰椎部における各分節の屈曲角度の増加が認められ、指床間距離が改善されます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。