マルチスライスCTスキャナ LightSpeed VCT VISION

● 製品について

【全診療科へのベネフィットを追求。結論は、画像ノイズの根本的解消】
チャンネルの多列化により、確かにMDCTは飛躍的な進化を遂げ、検査スピードの向上をはじめとする大きなメリットを、画像診断にもたらしました。しかし、多列化競争の陰に、置きざりにされてきたものがあります。果たして「基本画像性能」はどうか?診断能はどこまで向上できるのか?GEは、画像診断装置に求められるこの本質に、「根底からのイメージング革新」によって迫りました。全診療科へのベネフィットを追及した、臨床の最前線CT LightSpeed VCT VISION。その違いは、画質に一目瞭然と現れます。

● 特長

●500ch相当4D撮影を可能とする『Volume Helical Shuttle (VHS)』(オプション)
●逐次近似法を応用し、低被曝化、高密度分解能化を実現する『ASIR:Adaptive Statistical Iterative Reconstruction』
●検査前、検査中、検査後といつでも不整脈を感知し、最適化を促す『ECG Alert』
●低被曝と高画質の両立で高評価を得ていたSSPが、撮影時の不整脈自動回避機能を搭載『SnapShot Pulse 2』(オプション)
●心臓撮影後の最適な画像再構成領域を簡単にナビゲート『ECG Editor 2』
●日本のお客様の要望を反映し、進化した操作性『HD Console』
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。