全身用コンピュータ断層撮影装置 LightSpeed RT16

● 製品について

【8MHUの大容量管球、最大800mA出力】
2003年に世界で初めてのWide Bore Multi Detector CT LightSpeedRT(4ch)を発売し、さらに画質、スピード、パワーを備えてここにLightSpeedRT16が登場しました。最大の特長は、8MHUの大容量管球、最大800mA出力により、16ch×0.625mm、と16ch×1.25mmという薄いスライスで、高速0.5秒撮影でも高画質が得られます。大きな患者さんや救急患者さんの撮影にも威力を発揮します。

● 特長

●ゆとりの患者ポジショニングMDCT
●16列MDCT
●高速0.5秒撮影でも高画質が得られます
●80cmのガントリ開口径と最大65cmのFOVにより撮影領域が従来比40%アップ
●最大800mA出力可能なハイパワージェネレーターとの相乗効果により高鮮明な画像が得られるようになりました
●SmartView穿刺支援機能(オプション)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。