X線骨密度測定装置 Lunar iDXA

● 製品について

【真の最先端技術を享受する】
GEからまた、新たなブレイクスルーシステムが誕生しました。画質、操作性、精度、生産性、連携力、デザイン性…。その一つ一つに、革新と呼べる進歩を遂げました。X線骨密度測定装置、iDXA。GEが今お届けする最高峰のシステムです。

● 特長

●X線骨密度測定装置の最上位機種
●新開発CZT-HDディテクター搭載。ダイレクトデジタル技術で高画質、高精度を一挙に実現
●GE独自のマルチポイント・キャリブレーションとデイリーQAプログラムで、正確性の高い測定値を提供します。
●CAD(Computer Assisted Densitometry)が測定データを即座に認識し、被験者ポジションの乱れや骨の変形、圧迫骨折からくる測定値の異常や特殊な解析条件をオペレーターに知らせます。
●AHA(Advanced Hip Assessment)は、通常の骨密度計測に加え、大腿骨の形状から大腿骨の強度を解析し、骨折予知に重要な指標が得られます。
●過去の脊椎骨折を特定するツール「DVA(Dual-energy Vertebral Assesment)」で、骨密度にかかわらず将来の椎体骨折のリスクを探ることができます。
●DICOM対応
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。