汎用超音波画像診断装置 LOGIQ E9

● 製品について

【医師をターゲットへ、そして早期治療へと導いていく】
より正確に、よりその関心領域を早期に発見・治療したいという現場の医師の声から生まれたこの装置は、GPSを搭載した「Volume Navigation」機能により、短時間で簡単に位置情報を立体的に捉え、CTやMRIと連動させることで、多面的かつ複合的な検査でより正確な治療をサポートします。

● 特長

●CTやMRなど他のモダリティ画像と同一画面で比較できる「Volume Navigation」機能
●画像上にマーキングした位置を常にトラッキングして表示するGPS
●検査の次手順をアシストして検査を短時間にする「Scan Assistant」機能
●一定間隔の平行面を多断面表示することでCTやMRIと同じような感覚で画像解析が可能な「TUI」機能
●GEが開発した「Hybrid Contrast」は、肝腫瘍の識別診断から治療効果判定まで威力を発揮
●DICOM対応
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。