超音波診断用ワークステーション ViewPal

● 製品について

【ポストプロセス処理で場所・時間を選ばず解析・レポート作成】
ViewPalは、Volusonなどの超音波診断装置で取得した情報(静止画、動画、ボリュームデータ)をDICOM経由で一元的に管理するためのワークステーションです。

● 特長

●取得した3D/4Dのボリュームデータに対してVolusonと同様の高度な解析が行えます。
●被験者の情報管理や画像解析、レポート作成など、これまで個別の超音波診断装置で行っていた作業を一括して行うことができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。