汎用超音波画像診断装置 Vivid S6

● 製品について

【小は大を兼ねる、という進化】
循環器医療に携わるすべての医師・検査技師の皆様に、負担なく簡便な検査環境をお届けしたい。そんな想いから開発されたのがVivid S6です。これまでは最上位機種にしか搭載されていなかったAFIなどの定量解析ツールを標準装備。心筋運動解析がより簡便に、かつスピーディに行えるようになりました。また、エルゴノミクスデザインの採用により、操作性・可搬性が向上。スペースの限られたベッドサイドやCCUなど必要に応じた場所での検査を可能にすることで、移動が困難な患者さんの負担軽減をめざしました。コンパクトの概念を覆す、進化した高性能が、小型・軽量装備の分野に新たなインパクトをもたらします。

● 特長

●ハイエンドのコンソール型装置をここまで小型軽量化
●ルーチン検査でハイエンド装置に要求される性能、機能搭載
●心臓だけでなく、頸動脈、下肢血管、体表臓器、腹部領域など幅広いアプリケーションをカバー
●MOD法で左室駆出率をポイント指定するだけで自動的に算出する計測機能「Auto EF」
●「Tissue Synchronization Imaging(TSI)」が、組織ドプラを解析し、同一心周期内における非同期性の評価を可能にします
●左室全体および局所壁運動評価を支援するツール「AFI」搭載
●DICOM対応
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。