汎用超音波画像診断装置 LOGIQ e

● 製品について

【何にも妥協しない、真のモバイラビリティへ】
ハードが小さいと、それだけ性能や機能も低い。そうした超音波診断装置における常識を、LOGIO eは打ち破ります。
従来このサイズで実現しなかった鮮明な画像、ルーチン検査に必要な先端機能。GEは、そのいずれにも妥協することなく、超音波診断装置の小型化に成功しました。どんな場所でも高度な超音波検査が行える。そうした時代が、ついにやってきました。

● 特長

●従来このサイズで実現できなかった、上級機種に匹敵する鮮明な画像、ルーチン検査に必要な先端機能を搭載。
●内蔵バッテリーでの駆動が可能。
●「Tissue Harmonic Imaging」により、優れた分解能でノイズの少ないクリアな画像を描出できます。
●「CrossXBeam™」により、頸動脈の内中膜複合体(IMT)もきれいに描出。
●バーチャル・コンベックスにより、リニアプローブの視野をコンベックスプローブと同程度に拡げます。
●ASOとReal-time Auto Doppler Calculationを用い、ドプラ検査のスループットを向上します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。