運動ニューロンモデル

● 製品について

神経細胞内部の小器管を観察できます。

● 特長

●骨格筋線維に刺激を伝えているニューロンを2,500倍以上に拡大した立体モデルです。
●神経細胞の断面から、細胞内部の様々な小器官を見ることができます。
●神経細胞体から突き出てシナプスやミエリン鞘に包まれた髄索と情報を伝達するための神経突起も認められます。
●軸索の一部を取り外すと、ミエリン鞘の細かな層とそれを形成するシュワン細胞、また神経細胞鞘を見ることができます。
●モデルは木製の台に設置されています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。