鼻腔と副鼻腔の構造, 5分解モデル

● 製品について

鼻腔と副鼻腔(上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞)を再現しています。

● 特長

●このモデルは,1.5 倍に拡大した顔の右側半分から成り,鼻の内部および副鼻腔の構造を再現しています。
●頭蓋は各部位ごとに色分けされており,取り外し可能な皮膚は透明なので,つけたまま頭蓋骨の構造を確認することできます。
●外側から下記の構造を見ることができます。
・外鼻軟骨
・前頭洞,篩骨洞の位置を確認できます
・上顎骨の一部と頬骨を外し,上顎洞を外側から観察できます。
●正中断面では下記の構造を見ることができます。
・鼻腔(粘膜に覆われた状態)
・鼻甲介(上・中鼻甲介,下鼻甲介の取外しが可能)
・副鼻腔:上顎洞,篩骨洞,前頭洞,蝶形骨洞
・粘膜下の動脈
・嗅神経
・鼻腔の外側壁および鼻甲介と口蓋の神経分布
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。