気管支樹CTモデル, 肺・喉頭部付き

● 製品について

肺と気管支樹の位置関係が一目でわかります。

● 特長

●このユニークなモデルは、実際の断層X線像データ(男性、40歳程度)に基づき製作されました。これにより各肺葉気管支および区気管支どうしの位置関係や相対的な大きさの差などが、標本からのキャスティングや人口造形などの従来製法に比べて、はるかに自然で忠実に再現されています。
●舌骨、喉頭蓋がついた喉頭部と気管から肺葉気管支までの部分は一色で表されています。
●喉頭は第2気管軟骨の高さから取り外し可能で、また左右に分割することもできます。
●喉頭蓋はフレキシブルに動かせます。
●区気管支には半透明の弾力素材が使用され、区域別に色分けされているため容易に識別が可能となっています。
●透明色の左右の肺は取り外し可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。