硬膜外麻酔トレーニングモデル

● 製品について

【背骨の模型を内臓,実際に即した麻酔注射の練習ができるシミュレータ】
脊椎硬膜外麻酔技術の練習ができるモデルです。患者に実際に麻酔注射を施す前にこのモデルを使って練習することができます。麻酔針の刺入れが深すぎると、硬膜を注射針が貫通する時と同じように若干の抵抗が感じられます。

● 特長

●腰部脊椎を皮膚の上から目視および触知でき、硬膜外腔、硬膜嚢への正しいアクセスが可能
●俯位、横位いずれの状態でも練習が可能
●棘状突起や棘間隔が皮膚より触察可能
●抵抗消失確認のために生理食塩水または空気を入れた注射器での穿針が可能
●不慮の硬膜穿刺時には「脳脊髄液」が流出
●注射針の位置を見れるよう、貫通中でも簡単に分解が可能
●皮膚、筋肉層、黄色靭帯、椎骨、棘突間靭帯などで構成
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。