胸部ドレーンシミュレーター

● 製品について

【胸壁をリアルに再現、肋骨の触診もできる胸部ドレーン練習器】
右腕を頭部方向に伸ばし、仰向けに寝た患者に似せたシミュレーターです。交換可能な肋骨付胸壁は人体組織をリアルに再現した胸部カバーで覆われています。この胸部カバーは最大20〜25回程度までの切開ができ(セルディンガー法を用いた場合はさらに耐用回数を増やせます)、痛んだら交換できます。シミュレーター全体はプラスチックでカバーされており、底面には強力な吸盤が付いているので机の上で滑ることはありません。

● 特長

●第二肋骨と第三肋骨から気胸のドレナージを行い、実際に空気が排出されるのを確認できます。
●横方から大胸筋の切開が行えます。
●胸部カバーの上から肋骨をはっきりと触診することができます。
●胸部カバーを切開し、鉗子を用いて皮膚組織を開き、指を挿入して胸腔内に障害物がないことを確認できます。
●ドレーンチューブをシミュレーター上の正しい位置にしっかりと縫合できます。
●心膜穿刺による体液の採取・排液の練習も行えます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。