上肢懸垂用肩関節装具 オモ ニューレクサ

● 特長

●ショルダーカフと前腕カフから構成される本体が、上肢全体を懸垂することで、肩関節にかかる荷重を軽減し、関節構成体に集中する負荷から肩関節を保護します。
●前腕部のカフはショルダーカフと連結することで、前腕を懸垂するだけでなく、肘関節軽度屈曲位・肩関節外旋位に保持するため、前腕部が回外位となり、上肢の自然な肢位が得られます。これにより、歩行時の過度な腕の振れが抑制され、姿勢が安定することで、歩容の改善も期待されます。
●上肢をより自然な肢位の状態で保持しながら装着することができます。
●懸垂するためにショルダーカフのストラップの長さと、前腕カフと連結する懸垂ストラップの長さを調整します。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。