山川式緑内障開創器 弁繋君 E40-605
製造販売企業:株式会社テイエムアイ|販売企業:ジャムコン社(日本)

● 製品について

弁繋君(べんけいくん)は緑内障手術を確実に行うための開創器です。

● 特長

●強膜弁を角膜側に倒しておける「弁繋君」は、両手が使えるようになりますので、繊維柱帯切開術のこの一番難しい操作が容易になります。
●強膜弁内の視認性が向上し、両手が使えて介助に持ってもらう必要がなくなります。
●引っ張りが足りない時は糸をつけて止めれば、より強膜弁内の視認性がよくなります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。