灌流方向調節セット(サージヘモバック専用)

● 製品について

点滴瓶とヘモバックをD.F.Cユニットによって接続することにより、患部に抗生物質を灌流することができます。排液用チューブ(B)が抗生物質を患部に導入し、クリップ(C)が開いている時、排液用チューブ(A)をとおってヘモバックに排液されます。また、クリップ(C)を閉じ、クリップ(D)を開くことによって抗生物質の還流方向を排液用チューブ(A)からチューブ(B)そして吸引器へと替えることができます。

● 特長

●サージバック/ヘモバック専用
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。