人工膝関節 NexGen® LCCKフェモラルコンポーネント

● 製品について

【後十字靭帯切除型専用の設計】
NexGen LCCKは、医師の判断において、内外側、前後、および内外反方向の靱帯支持機能が不十分な患者が完全拘束型の安定を必要とする場合に使用します。

● 特長

●大腿骨の骨量が不十分なため、フェモラルオーギュメンテーションとステムエクステンションと組み合わせて使用でき、また靭帯の支持性が十分ある場合には、LPS関節面サーフェイスと組み合わせて使用することもできます。
●困難な症例の初回手術と再手術の両方で使用するよう設計されています。
●理論上120度の屈曲角度を越える可能域を実現するよう設計されている上、さらに5度の過伸展、2度の内旋と外旋、および1.25度の内外反方向への動きが可能です。
●フェモラルおよびティビアルのコンポーネントのサイズ決定を独立して行いますので、サイズが大きい人工関節を無理に挿入したり、逆にサイズが小さすぎるという心配もありません。
●サイズGはオプションになります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。