心電図データマネジメントシステム EFS-8800

● 特長

●サーバーに収録されるデータは、心電計で収録したデータに加え、当社のホルター心電図解析装置(SCM-8000等)のホルターデータ、負荷心電図装置(ML-9000等)のストレスデータ、肺機能データ、血圧脈波データを一元管理できます。
●データ収録方法は、LANによるオンライン、またはICカード等によるオフラインを用意。もちろん、ストレスデータやホルターデータも対応します。
●標準で約50万件の心電図データ(10秒:生波形)がファイル可能。また、内蔵ハードディスク、DVDを含め約56万件の結果管理がスムーズな方法で行えます。(200万件以上の管理が可能)
●検査結果データを電子カルテシステム等に画像形式、テキスト形式で送信することができます。
●オーダリングシステムよりオーダー情報を受取りEFS-8800 Systemでオーダー情報の表示が行えます。
●電子カルテ端末にビューアー(EFS-ViewLight、EFS-ViewPRO)をインストールすることにより、参照や必要に応じて判読や修正も可能です。(オプション)
●Webサーバーを設置することにより院内端末のWebブラウザで心電図を参照することができます。(オプション)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。