医用トレッドミル MAT-7000
製造販売企業:フクダ電子株式会社

● 製品について

本装置は、医療施設内の検査室、および、リハビリテーション室にて使用し、運動負荷試験、および、リハビリテーションで被検者に歩行、あるいは、走行による運動負荷を与えることを目的とします。

● 特長

●医療用トレッドミルとしてもっとも低床(2008年3月現在)な80mm以下を実現
●人気のベルト駆動方式・ワイドタイプの新トレッドミル
●心肺運動負荷試験(CPX検査)にも有用なトレッドミルでのランププロトコル「T-RAMP PROTOCOL」を実現
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。