睡眠評価装置 パルスリープ LS-120
製造販売企業:フクダ電子株式会社

● 製品について

睡眠中に記録される生体信号を記録し、睡眠障害(睡眠時無呼吸)の評価に用いる装置です。
本装置はコンピュータ化され、測定項目は、鼻および口腔の気流、酸素飽和度、気道音、マスク圧、脈拍数、体位、体動、胸壁の動き(胸骨上窩部圧測定センサによる)です。また実施する検査に応じて、記録する生体信号は除外することができます。記録は、患者さんの所定の部位に複数のセンサを配置して行います。

● 特長

●鼻口呼吸、いびき、SpO2の必須3項目以外に体位、CPAP圧、胸骨上窩部圧測定する事が可能
●ボタン一つで測定を開始する簡単操作
●夜間の視認性の良い有機EL液晶を採用
●充電電池(フクダ電子指定)の使用が可能
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。