セントラルモニタ DS-7700システム
製造販売企業:フクダ電子株式会社

● 製品について

本システムは、既承認のモニタリングシステムまたはテレメータ送信機の生体情報(心電図、呼吸、体温、SpO2(動脈血酸素飽和度)、観血血圧、非観血血圧、CO2(炭酸ガス濃度)など)を、専用LANや医用無線などを経由して受信し、各種フォーマットによる表示、記録を行うセントラルモニタと、4床または8床受信可能なデジタルテレメータ受信機、さらに拡張表示器からなります。

● 特長

●最大16人まで表示可能
●双方向無線通信(TCON)機能により患者データ、アラーム設定等をベッドサイドと共有可能
●チームナーシング機能により、担当患者を一目で確認
●セントラルモニタ間の床移動、床交換が可能
●本体、ディスプレイ、3chレコーダの一体型
●一患者最大96時間の波形メモリが可能
●タッチパネル、マウス、キーボードでの操作が可能
●アラームポールを標準で搭載しているのでどこからでも視認可能
●磁気カードリーダを用い、患者データの入力が可能
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。