非トレポネーマ脂質抗体キット イムノティクルス オート3 RPR

● 製品について

【ラテックス凝集比濁法を利用した光学的測定法です。】
梅毒脂質抗原(カルジオリピン、レシチン、コレステロール)を表面に固定化したポリスチレンラテックスと、検体中の梅毒脂質抗体は、抗原抗体反応により凝集塊を形成します。この凝集反応による光学的変化が梅毒脂質抗体価に依存する原理にもとづき、既知抗体価の梅毒脂質抗体標準品を用いて作成した検量線から検体中の梅毒脂質抗体価を測定します。

● 特長

●血清または血漿中の梅毒脂質抗体を高感度に測定します。
●血漿測定による迅速な梅毒検査運用が可能で、夜間や緊急検査にも有用です。
●検査の自動化により結果が定量値として報告されるため、客観的な判定が可能です。
●試薬の転倒混和は不要です(第二試薬は開封時のみ転倒混和が必要です)。
●各種汎用自動分析装置に適用できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。