抗クラミジア トラコマチスIgA抗体測定キット ヒタザイム クラミジア Ab-IgA
製造販売企業:日立化成株式会社

● 製品について

クラミジア トラコマチス感染症の診断は、患部ぬぐい液を試料とする抗原検査法と、血清を用いる抗体検査法があります。この抗体検査法には、検体試料採取に容易さと、患者に苦痛と不快感を与えず治療経過を観察できる利点があります。慢性前立腺炎や、精巣上体炎、骨盤内感染症、不妊症などのような抗原検査実施が不可能であったり、または困難である疾患では抗体検査法が有用で便利です。また、無症状で感染部位を特定しにくい場合にも、抗体検査は適しています。
ヘルペスウイルスやサイトメガロウイルスのように持続感染を引き起こすウイルス感染症と同様に、クラミジア感染症でもクラミジアの増殖が活発な時期と一致して血中にIgA抗体の上昇が認められることが報告され、抗体測定の臨床的意義が注目されております。

● 特長

●精製クラミジア外膜抗原を用いているので、宿主細胞由来の核酸に起因する自己抗体に対する非特異的反応性はありません。
●測定結果がインデックスで示されるため、顕微鏡観察のような判定の難しさはありません。
●慢性前立腺炎、精巣上体炎、骨盤内感染症や不妊症など患部からの検体採取が困難な疾患の診断において有効です。
●プレートは1ウエルずつ分割可能で、検体数に合せて使用できる経済的な仕様になっています。
●酵素免疫測定法(ELISA)により、通常法は130分、短時間法は75分で結果が得られます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。