パルス超短波治療器 SW-201
製造販売企業:伊藤超短波株式会社

● 製品について

【目的や症状に合わせた治療を可能にする2つの発振モードと2つの導子療法】
パルス発振と連続発振の2つのモード。コイル型導子とコンデンサ型導子の2つの方式。これらのモードと導子の選択により、目的や症状に合わせて使用できます。また、出力は4段階のワンタッチ切り替えで、簡単に操作可能。さらに、本体の幅が約19cmのスリムで小さなボディのため、限られたスペースにも設置できます。

● 特長

●治療の適法範囲が広がる、コイル方式&コンデンサ方式
●パルスと連続の2つの発振モードで多様なニーズに対応します。
●小型でありながら、ピーク出力130W以上を実現
●設置場所に困らない、スリムな省スペース設計
●EMC適合
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。