カプセル内視鏡 Sayaka
製造販売企業:株式会社アールエフ

● 製品について

Sayakaは、簡単な構成で長い消化管の壁面全体の画像情報を取得することのできるカプセル内視鏡カメラです。

● 特長

●6〜8mに及ぶ消化管全体を回転しながら超接写で撮影されます。
●取得された映像は一枚につながった長い壁面映像で記録され体内MAPができあがります。
●MAPはパイプ状の消化管をまるではさみで切り開くかのように展開され、経過時刻と共に目盛りが振られ患部の寸法や面積などが測れます。
●高倍率での拡大と動画による再生から消化細胞の微妙な動きを見ることで細胞硬度の確認などができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。