咽頭ストロボスコープ LS-3A

● 特長

●コンタクトマイクロホンの採用により音声の基本周波数の抽出が、遅延なく安定しています。声帯観察のスローモーション像の速度は、3段階の切り換えが可能です。
●ワンタッチで任意のスローモーション像を観察することができます。
●特殊AGC回路、およびAFC回路採用により音声の基本周波数の抽出が安定します。
●高輝度クセノンランプ採用により鮮明な像が見られます。
●軟性ファイバースコープ等で充分なカラー観察ができます。
●マイクロホンより音声入力があれば瞬時にスローモーション像として観察することができます。
●位相メータにより声帯のスローモーションを針で見ることができます。
●移相速度は自動でL.M.Hの押しボタン切換スイッチにより選択することができます。
●嗄声や殆ど声を出せない患者のときは内部発振器によってクセノン放電管を発光させて観察ができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。