基礎医学研究システム BioLog® DL-3100

● 製品について

【多様なセンサ、小型・軽量、メモリ内蔵】
小型で軽量、電池駆動で長時間の生体計測用ロガーとして使えます。USB接続の他、無線接続でリアルタイムモニターが行え、不可避の電波途切れも内蔵メモリに確実のデータを保存します。
DL-3100は無線LANでモニタと収録が可能、圏外は本体にメモリします。

● 特長

●リアルタイム計測と波形モニタは電波、またはUSB接続で行えます。
●電波途切れによるデータ損失が起きにくい双方向通信の無線LAN(IEEE802.11b準拠)を採用しています。
●入力波形をリアルタイムでモニタしながら、内蔵メモリに確実に保存します。
●収録中も無線LANはオン、オフできます。
●充電型単三電池(2個)で無線LAN使用時は連続4時間、無線LANを使用しない時は連続20時間使用可能です。(筋電図8ch)
●赤外線リモコンによりマーク入力とメモリ開始、停止が行えます。
●マーク入力時に本体の赤色LEDが点灯し、動画への写し込みで正確な同期が行えます。
●デジタルスイッチを使って他機器からの同期信号入力が可能です。
●最速サンプリング時間(1msec)で、全データを16時間収録できます。
●呼吸代謝測定装置(VO2000)と連動、計測中にデータ統合できます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。