データ計測ソフト m-BioLog

● 特長

●チャンネル毎にセンサと校正値を設定します。
●アナログ信号とデジタル信号のサンプリング時間間隔を設定します。
●無線LANの接続設定を行います。(DL-3100、DL-5000)
●Bluetoothの接続設定を行います。(DL-4000)
●間欠測定の設定ができます。
●バイオログ本体の時刻を設定します。
●予め各センサの校正値を登録すると測定値が直読できます。
●実測中の値を理想値として補正し、パソコンに登録されたセンサの校正値を修正できます。
●パソコンで波形を観察しながらパソコンへ保存します。
●バイオログ本体のメモリに保存したデータをパソコンへ転送します。
●測定した項目を選択してCSVファイルに変換します。
●自作ソフトによるリアルタイム解析や表示が行えます。

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。