データ解析ソフト m-Scope2

● 特長

●筋電図を実効値(特徴量)化としてRMS(二乗平均平方根=Root Meran Square)解析を行い、間隔と持続時間、積分値(iEMG)のデータ表を作成します。
●実効値の高さから積分区間を自動検出します。
●最大8チャンネルの脳波をデジタルSW1〜4(DL-2000、DL-3000、DL-3100、DL-4000)やマーク(DL-1000)の位置を生起時点として加算を行います。
●P300やCNV、VEP等の事象関連電位(ERP)の解析を行います。
●VT(一回換気量)、VE(分時換気量)、TE(吸気時間)、TI(呼気時間)の計測を行います。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。