岡本式リムーバー M-2060-1/M-2060-2
製造販売企業:株式会社イナミ

● 特長

●獨協医科大学越谷病院眼科 岡本洋幸先生のこ指導により開発された製品です。
●縦横に溝を掘り、さらに粗目加工を施した俵状の突起物を先端部に取り付けました。
●サイドポートからのアプローチにより、12時方向の後嚢と残留皮質を剥離させる補助を目的として開発されました。
●M-2060-2は、M-136分割君の先端部背中側を半俵状にし、M-2060-1岡本式リムーバーと同様の縦横の溝と、粗目加工を施しました。
●M-2060-2は、核分割に用いることも可能です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。