島崎式DSEK用鑷子 M-2066
製造販売企業:株式会社イナミ

● 製品について

DSEK引き込み法における最良のパートナーです。

● 特長

●角膜内皮移植術DSEKにおいて、ドナーの角膜内皮を折りたたまずに、耳側から反対側へのスライドでしっかりと把持しながらのホストへの移植を可能とする鑷子です。
●先端部分のカーブが、左眼の場合は患者さんのおでこ越しに、右眼の場合は患者さんの鼻越しに術者が操作しやすいような角度となっていることや、ハンドルの動きに対し先端部分が垂直に作動することなどから、大変操作性に優れています。
●先端把持部は角膜内皮を滑らずにしっかりと把持できるようにセレーションが施されております。
●ドナーの角膜内皮を折りたたまずにホストへ移植することにより、内皮細胞が傷つきにくくなります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。