実験動物強制運動測定器(トレッドミル) SN-460

● 製品について

本装置はマウス・ラットの小動物を強制的に走行運動させ、適当な運動量と餌の摂取量との関係や、どの様な薬品が効果的であるかなど、強制的に運動をさせ、体力疲労度など実験動物の様子を観察する場合に使われます。

● 特長

●従来の縦型スリットより手足及び尾の差込みがなく、動物に損傷を与える心配が完全になくなりました。
●特殊エンドレスベルトを使用しているので、酸性、アルカリ性に強く伸び縮み及びスリップがなく回転が正確です。
●汚物除去装置がついているので掃除が簡単にできます。
●スピードメーターを設ける事により簡単に走行スピードを決める事ができます。
●各レーン毎にストップウォッチに替わる秒カウンターを設ける事により各レーンの走行時間を簡単に計ることができます。
●各レーン毎にヒューズを設け過電流防止をしてあります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。