塙本氏ヴィスコスパチュラナイフ M-1015/M-1016
製造販売企業:株式会社イナミ

● 特長

●M-1015は、熊本市 出田眼科病院 診療部長 女声宰先生のアイデアで開発された製品です。
●M-1016は、熊本市 出田眼科病院 診療部長 塙本宰先生のアイデアで開発された製品です。
●粘弾性物質を注入、持ち上がった増殖膜のEpicenterを先端部で切断します(M-1015)
●網膜剥離が少ない症例はヴィスコデラミネーションの要素がやや主であるスタンダードタイプが適しています(M-1015)
●粘弾性物質と連結し、使用します。粘弾性物質を注入、持ち上がった増殖膜のEpicenterを先端部で切断します(M-1016)
●網膜剥離が多い症例はスパチュラナイフの要素の方が主であるロングタイプが適しています(M-1016)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。