古館式硝子体スパーテル M-1118
製造販売企業:株式会社イナミ

● 特長

●札幌市 手稲渓仁会病院 眼科 古館直樹先生のアイデアで開発された製品です。
●断面は極薄の楕円状の軟性スパーテルで、術者の必要に応じて指先でスパーテルのカーブを変えることが可能です。
●増殖糖尿病網膜症(PDR)の硝子体手術における重篤な合併症のひとつとして前部硝子体線維血管増殖(AHFVP)があります。これは強膜創に嵌頓した硝子体を基盤に発生する強膜創型が圧倒的に多く、これを予防するために、強膜創に嵌頓した硝子体を除去するのに安全で有効なスパーテルです。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。