複合感覚検査板 GS-20

● 製品について

【手指部(指尖部掌側面)の知覚障害を検査するニュータイプの測定器です】
幅、深さが異なる10種類の溝を設けた検査板上を、指尖部掌側面を移動させ、溝の有無の識別により、知覚障害の程度を簡便に、短時間で判定することができます。

● 特長

●ニ点識別テスト(2PD)moving touchによる二点識別テスト(M2PD)では検査できない重度の障害指も検査でき、知覚障害の回復過程を早期から評価できます。
●材質は、耐磨耗性に極めて優れたアルミナセラミックスを採用。溝の部分の磨耗こよる精度の低下がありません。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。