藍眼科式LASEK(Laser epithelial keratomileusis)用トレパン M-223LA/8
製造販売企業:株式会社イナミ

● 製品について

LASEK手術で角膜上皮フラップをより綺麗に作るために考案されたトレパンです。

● 特長

●藍眼科式LASEK用トレパンはイナミの角膜移植用トレパンS-223-8(刃)およびS-223H(ハンドル)の改良型で、刃先が適度な鋭さで角膜上皮を切開することが可能であり、そのためアルコールの速やかな浸潤によりアルコール至適時間の短縮が図れる。
●角膜上皮がしっかり切れているので、フラップの辺縁が従来のトレパン使用時より円形に綺麗につくることができるのが利点である(藍眼科クリニックの発表の要旨より引用)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。