3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT
販売企業:富士フイルムメディカル株式会社|製造販売企業:富士フイルム株式会社

● 製品について

3次元画像解析ワークステーション「SYNAPSE VINCENT」は、2008年の発売以来、独自の画像処理技術や幅広い分野の解析技術で、「病変部をいかに鮮明に写すか」という課題へ挑戦してきました。今回、従来の適応領域である心臓、呼吸器、消化器領域に加えて、新たに頭頚部や腎臓領域の解析アプリケーションをリリース。タブレット端末への配信も可能としました。臨床・読影にいっそう役立つシステムを実現し、医用画像の可能性をさらに拡げます。

● 特長

●気管支の自動描出、肺動・静脈分離機能の追加により呼吸器領域で数多くのアプリケーションが追加されました。
●肝臓解析(CT)においては、自管描出機能にもその技術を応用することで煩雑な過程を省略し、よりスピーディな画像作成をサポートします。
●使用目的に応じたユーザー環境をご用意いたします。基本操作からエキスパートユーザー好みの詳細操作までインターフェースを編集することが可能です。また、各ウインドウの大きさをリアルタイムに自由に変更できる「フレキシブルフレーム」機能を搭載。
●デジタルカメラの顔認識技術に代表される画像認識技術を用いた臓器の自動描出技術がさらに進化しました。従来からのスマートトラッキングや骨除去の精度向上はもちろん、新たな技術として血管領域では動静脈分離技術を採用しました。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。