体外衝撃波疼痛治療装置 ドルニエ Epos Ultra

● 製品について

【Extracorporeal Shock Wave LithotripterからExtracorporeal Shock Wave Therapyの分野へ】
ドルニエはESWLの経験と最先端技術を結集し、体外衝撃波疼痛治療装置の開発に成功しました。ドルニエEpos Ultraを使用した体外衝撃波疼痛治療(ESWT)はすでに世界の多くの国々で整形外科患者さんへの有効な治療法として認められています。ドルニエEpos Ultraは、新医療機器として日本で初めて難治性の足底腱膜炎の除痛を目的とする治療装置の承認を取得しました。当治療は保険適用が受けられます。

● 特長

●体外衝撃波治療の先駆者が整形外科治療用に開発しました。
●出力レベルを患者さんの状態にあわせ7段階切替可能です。
●電磁誘導方式を採用することにより、衝撃波出力・焦点が安定しているため安全です。
●衝撃波収束方式は、ドルニエ独自の凸型音響レンズを採用しているため収束効率が優れています。
●フレキシブルな治療ヘッドによる最適なポジショニングが可能です。
●超音波画像診断システムによる位置あわせ・治療観察がリアルタイムに行えます。
●衝撃波装置に取り付けられたアウトラインプローブが焦点を中心に回転され(ドルニエ社特許)あらゆる角度からの探査が可能です。
●ハンドコントローラーは人間工学に基づき設計されています。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。