汎用X線透視診断装置 EXAVISTA
製造販売企業:株式会社日立製作所

● 製品について

【このスペック、このスタイルには訳がある】
FPDのメリットを最大限に活用し、多様な臨床現場で真価を発揮する、FPDデジタルシステムとは…このスペック、このスタイルには、日立が考える「撮る、看る、診る」ことへの思いと願いが凝縮しています。高いスペース性と広いワーキングエリアは、快適な検査環境を提供します。コックピットスタイルのデスクは、シンプルな操作手順で容易なオペレーションを実現しました。FPDシステムの出現によって変わること…変われること…今、臨床現場からの問いかけに答える「真のFPDシステム」がEXAVISTAなのです。

● 特長

●進化を遂げた、第三世代のFPDパネル『VISTA Panel』が、さまざまな、臨床検査に威力を発揮します。
●さまざまな臨床シーンを想定し、アクセスフリー・ワイドエリア・マルチパーパスを実現しました。映像系のワイドストローク化により天板の縦移動が不要です。
●やりたいこと、したいことが無理なくこなせるFPDシステム。臨床現場のニーズを余す事なく反映しています。
●使いやすさを追求した遠隔操作卓。コックピットスタイルが、これからのスタンダードです。
●新たにチューンナップされた「FAiCE-V」が煩雑になりがちな検査業務を確実・的確にこなします。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。