X線透視診断装置 POPULUS So
製造販売企業:株式会社日立製作所

● 製品について

【新たな仲間とはじまる、フルデジタル環境の画像診断】
幅広いX線透視検査にもお応えするシンプルな操作性のコンパクトな装置は、的確な診断が行える独自の画像処理技術を搭載。また、大容量の画像データを一元管理するフルデジタル環境の構築も可能です。
「POPULUS So」はX線透視診断の良き友として、皆さまが目指す理想的な検査環境に貢献いたします。

● 特長

●画像処理ユニットを内蔵した遠隔操作卓と汎用性の高い透視撮影台によるコンパクトかつ、機動性に優れたシステムです。
●広い検査範囲をカバーする機動性と優れた操作性で上部/下部消化管検査をはじめ、さまざまな検査にお応えし、診断に有効な透視・撮影画像をご提供いたします。
●100万画素のCCDカメラを搭載し、高精細な透視像および撮影像をご提供いたします。
●日立独自の『FAiCE-V』による撮影画像の補正など、的確な診断を行うための画像処理技術をはじめ、さまざまな機能を備えています。
●大容量のデータでもストレスなく操作いただけるのはもちろん、信頼性の高い画像記録技術を標準装備。
●医用画像通信規格の世界水準DICOM3.0をサポートしており、HIS/RISシステムや画像サーバとのネットワーク接続ができます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。