日立MRイメージング装置 AIRIS Vento
製造販売企業:株式会社日立製作所

● 製品について

【このコンパクトなボディには、MRIの“やさしさ”が凝縮されている】
操作性・画質・快適性といった、MRIに必要なすべての機能を向上させながら、ここまでコンパクトなサイズに凝縮しました。
小さくなることで運用コストを抑えられ、環境にも配慮できる。
検査を行う人、検査を受ける人、さらには地球にもやさしい検査装置であること。
オープンMRIの新しい価値が、またひとつ、ここに生まれました。
AIRIS Vento誕生。
超電導MRI装置「ECHELON Vega」の機能も盛り込んだ新たなオープンMRI装置です。

● 特長

●大画面モニター採用やインターフェイス向上による、スムーズな操作性。Wide displayにより、必要な情報を一度に表示することができます。
●超電導MRI装置ECHELON Vegaと同じシステムソフトを採用。直感的にわかりやすいGUI(Graphical User Interface)を採用、日本語表示にも対応しました。(New system software)
●短時間で的確な診断を行うために進化した、高精度画像テクノロジー。日立独自の新しい技術を駆使することで、画質をワンランク上のレベルまで向上。オープンMRIは通常のMRIでは難しい部位や姿勢での撮像が可能なため、臨床への新たな応用が期待されています。
●オープンMRIは、垂直方向に磁場が発生している垂直磁場方式です。垂直磁場方式では、ソレノイド型受信コイルが使用できるため、同じ磁場強度であれば水平磁場方式MRI装置よりも高い信号を得ることができます。
●オープンMRIの可能性を拡げる、コンパクトサイズに凝縮された快適性。威圧感の少ないコンパクトボディ。左右に開いたワイドな開口部。オープンデザインは、閉所に不安をもつ方に安心感を与えるだけではなく、小児や高齢者への付添いや、造影剤注入時のスペース確保など、多くのメリットを生みます。
●ガントリー内でテーブルの横移動が可能なため、肩・膝など正中から外れた部位を撮像中心にもっていくことができます。(ラテラルスライド)
●漏洩磁場が小さいため撮像室自体をコンパクトにすることが可能で、機械室も不要のため、施設内の敷地を有用活用することが可能です。
●Sentinelカスタマーサポートは、お客様の装置の状態を把握し、常に安定してお使いいただけることを目指したシステムです。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。