角膜用ライトシールド(インスツルメントワイプ) No.22-3622
製造販売企業:株式会社イナミ

● 特長

●手術用顕微鏡の強過ぎる同軸照明が網膜に損傷を与え得ることは立証されています。
●角膜用ライトシールドは手術操作の過程で眼内を観察する必要のない時に網膜に有害な光線を遮断する非常に単純で効果的、且つ低廉な方法です。
●ライトシールドはソフトで均一な気孔のある極く薄いPVAスポンジ製です。
●ライトシールドはインスツルメントワイプ(メスやピンセットの先端等に付着した血液や汚れを拭くスポンジ)及びアイドレインズ(灌流液等を眼尻から顔の側面に誘導する細いヒモ状のスポンジ)と共に滅菌して包装してあります。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site