外科用X線テレビ装置 DHF-105CX
製造販売企業:株式会社日立製作所

● 製品について

【“使いやすさ”を追求した多彩な機能性】
本装置は病院及び診療施設等の手術室に設置し、X線を利用して外科手術時の透視及び撮影を行います。効率を向上させる優れた機能性を備えた新生DHF-105CXシリーズです。

● 特長

●X線テレビカメラには、高画質小型CCDカメラを搭載しており、ノイズリダクション、画像反転、画像回転、自動輝度機能(IBC機能)などの画像処理機能により、高画質な画像が容易に得られます。
●ゆがみの少ない高解像度の5極イメージインテンシファイヤを搭載しています。
●高周波インバータ技術を採用し、小型・軽量の高電圧発生部(チューブヘッド)を実現しました。高周波インバータとフィードバック制御により、リップルの少ないX線出力が得られます。
●高画質を実現する数々の機能を搭載。操作も簡単で、撮影や画像の確認もスムーズに行えます。
●2モニター・1モニター台車が選択できます。
●7型I.I.タイプは外科一般に適しています。(7BH)
●9型I.I.タイプは腹部を含む広視野に適しています。(9BH)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。