レーザードップラー血流画像化装置 ペリスキャンPIM III【販売終了】
製造販売企業:株式会社インテグラル|製造企業:Perimed社(スウェーデン)

● 製品について

スキャニングによる「面」での血流分布測定と、時間を追って血流変化を計測する、従来の「一点型レーザードップラー血流計」の両方を兼ね備えています。

● 特長

●色分けされた画像を見ることにより、血流の部位差が明確で、再現性の高い測定結果が得られます。
●「カラー画像化」により、ビジュアルでの確認が容易です。
●接触による血流の影響が無く、炎症部位等の血流測定に適しています。
●ROI(関心領域)の指定が容易で、瞬時に平均血流量を自動計算、部位の比較も容易です。
●CMOSカメラが内蔵され、測定部位の確認がしやすくなりました。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。