赤外線治療器 セラピア3300 

● 製品について

【高効率カーボンランプヒータで、マイルドな温感を実現】
遠赤外線領域の波長で、温感は低く感じても皮膚表面でのエネルギー吸収が大きく、心地よい温かさが得られます。遠赤外線の放射率が高いカーボンランプヒーターを採用しました。加熱時の立ち上がりが早く、約30秒でターゲットの温度に到達するので、高効率かつ経済的です。ヒーター部の両端に樹脂の把手を付け、治療中のヒーター角度や高さの調節も安心です。

● 特長

●電気治療や鍼治療などとの併用治療が可能で、温めることで電流が流れやすくなり、血流の改善がみられるなど、相乗効果も期待できます。
●設定温度まで最速約30秒で加熱するため効率よく治療ができ、経済性も向上しました。
●ヒーター面の角度調節とアームによる高さ調節(67〜142cm)で、様々な部位の治療が可能です。
●赤外線は、マイクロ波と異なり金属が熱くならないため、SSP・干渉波・鍼治療と併用することにより、治療効果を一層増大させます。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。