デジタルX線TVシステム Raffine™ 

● 製品について

【新開発FPDの搭載で、撮影画像も透視画像もピュアに進化】
新開発FPD搭載のデジタルX線TVシステムRaffine™(ラフィーネ)が登場です。 高精細143μmピッチ、微細ファイバ構造のCsI膜による新開発FPDが、一段と上質な高画質画像を実現。 さらに、洗練された独自の画像処理コンセプトPureBrain™により、これまでの限界を超える撮影/透視画像を達成。 柔軟な動きの新寝台とともに、検査の未来を支えます。

● 特長

●東芝独自のオートウィンドウ方式により、撮影画像のヒストグラム分布に対して最適なガンマカーブを自動生成。つねに最適な画像を提供します。
●黒つぶれや白飛びをAdvanced DCFが見やすく補正します。
●MicroView(High Reso)により、ノンビニング方式で高解像な画像を出力。通常(Standard)透視よりも詳細な画像を必要とする整形領域やERCP時に効果を発揮します。
●寝台の起倒動作や映像系長手動に、インバータ制御によるモータ駆動方式を採用。コンピュータ制御による加速・減速と相まって、不快感の少ないスムーズな寝台動作を実現しています。
●DICOM3.0の画像送信規格であるDICOM Storage、標準的なフィルム出力形式であるDICOM Print方式に対応。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。