X線フラットパネル FPD1314

● 製品について

【より高解像度に、さらに高感度に。新開発FPD】
東芝が長年培ってきた最先端技術と、豊富な臨床実績を最大限に活用。独自のCsI蒸着技術による微細ファイバー構造により、高解像度と高輝度を両立させた高精細X線平面検出器(FPD)を実現します。

● 特長

●FPDを冷やすための専用の冷却装置は不要です。省スペースで設置が可能で、しかも経済的です。
●通常の室温で使用できます。24時間通電は必要なく、室温設定などの管理の手間も不要です。
●起動時/検査終了時の約10秒間でキャリブレーションが終了。オートキャリブレーションを採用しています。また、X線ばく射を伴うキャリブレーションは不要です。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。