全自動尿統合分析装置 UX-2000

● 製品について

【尿検査の新たなご提案】
本装置は、尿定性測定(CHM測定)と尿中有形成分測定(FCM測定)の2つの測定原理を搭載した装置です。尿定性分析は、試験紙呈色反応を反射測光法により測定し、反射率から尿中の化学成分を測定します。尿中有形成分分析は、赤色半導体レーザを使用したフローサイトメトリー法により測定します。

● 特長

●尿定性分析、搬送部、尿中有形成分分析のシステムをコンパクトに一体化
●測定操作の簡便化に加え、測定結果も一元化することにより、操作性が向上
●クロスチェック、リフレックステストの機能を標準搭載
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
E-Books
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。